• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]もったいな・し[ク]
  1. 有用なのにそのままにしておいたり、むだにしてしまったりするのが惜しい。「捨てるのは―・い」「使わないでおくには―・い人物」

  1. 身に過ぎておそれ多い。かたじけない。「―・いおほめのお言葉」

  1. 不都合である。ふとどきである。もってのほかである。

    1. 「是は言語道断―・きお言葉かな」〈虎明狂・右流左止〉

[派生]もったいながる[動ラ五]もったいなげ[形動]もったいなさ[名]