• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. まわりを板や石などでかこった泉や井戸。

    1. 「鈴が音の駅家 (はゆまうまや) の―の水を飲 (たま) へな妹 (いも) が直手 (ただて) よ」〈・三四三九〉

  1. 正月に宮中で若水をくむために、前年の年末から蓋 (ふた) をして封じておく井戸。