• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、銀座または両替商などで紙で包み、封印した銀貨。金額が表記されており、一般にそのままの状態で授受された。常是 (じょうぜ) 包み・銀座包み・仲間包みなどがある。金の場合は包み金 (きん) という。