• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仏語。衆生 (しゅじょう) を済度 (さいど) するため、機に応じて如来が出現させる仮の仏形。また、菩薩 (ぼさつ) などがその本地仏を表示するため、頭上に表す仏形。観音の頭上の阿弥陀像などがある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉