• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

近世初期から明治時代にかけて、日本海海運で活躍した北国廻船 (ほっこくかいせん) 、またそれに使われた北国船 (ほっこくぶね) の上方での呼称。近世の中ごろから用いられるようになった、改良型の弁財船をもいう。