• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北原白秋の解説 - 小学館 大辞泉

[1885~1942]詩人・歌人。福岡の生まれ。本名、隆吉。与謝野鉄幹の門人となり、「明星」「スバル」に作品を発表。のち、木下杢太郎 (きのしたもくたろう) らと耽美派文学の拠点となる「パンの会」を結成。詩集「邪宗門」「思ひ出」、歌集「桐の花」、童謡集「トンボの眼玉」など。

北原白秋の解説 - SOCKETS人物データベース

「とんぼの目玉」「赤い鳥」「雨降り」「ゆりかごのうた」など、今なお歌い継がれる童謡を数多く残す、日本を代表する詩人、童謡作家、歌人。
出生地
福岡県
生年月日
1885年1月25日 みずがめ座
没年月日
1942年11月2日(享年57歳)
別表記
北原 隆吉