• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世末期から江戸中期にかけ、日本海海域で活躍した大型廻船。平底で船首がまるく、舷側に垣立 (かきたつ) がない。順風でないときは櫂 (かい) で漕いだ。のち、帆走性能や経済性に優れる弁才船 (べざいせん) にとってかわられた。どんぐり船。北前船。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉