• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

葛飾北斎の画集。北斎による絵手本を集めたもの。文化11年(1814)に初編を刊行。没後も刊行が続くが他筆も混じる。明治11年(1878)に全15編をもって完結した。収録された絵手本は約4000点にのぼる。「富嶽三十六景」とともに、欧州を中心とする海外の芸術家に影響を与えたことで知られる。北斎スケッチ。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉