1. 医術を仕事にする人。医師法の適用を受けて、病気の診察・治療に当たる人。医者。古くは「くすし」「くすりし」といった。

  1. 律令制で、典薬寮 (てんやくりょう) の職員。治療と医生 (いしょう) の教授をつかさどった者。

  1. 中世、公家や僧侶で医術の知識を持って施療した者。

  1. 江戸幕府の職名。僧体で医療をつかさどった。これに対し、民間では士分・公卿の服装をした古方 (こほう) 派があった。→奥医師

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース