• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《江戸時代、ひらがなの「あほ」を分解して「あ」は「十の」、「ほ」は「しま」と読めるところから》あほう。ばか。