• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

17本の弦をもつ箏 (そう) 。大正10年(1921)宮城道雄が考案。従来の箏をひと回り大きくした外形で、ふつう低音伴奏楽器として用いる。