十万億土の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この世から、阿弥陀仏あみだぶつがいるという極楽浄土に至るまでの間に、無数にあるという仏土。転じて、極楽浄土のこと。非常に離れている意味にも用いられる。▽仏教語。「億」は非常に大きな単位の意で、「十万億土」は非常に多いという意味。
句例
十万億土のかなたへ
用例
ひざのつきあうほど間ぢかにちょこんとすわって、その小さな目のなかに私の姿をしまってあの十万億土までも持ってゆこうとするかのようにじっと見つめながらよもやまの話をする。<中勘助・銀の匙>
類語
極楽浄土ごくらくじょうど 寂光浄土じゃっこうじょうど

十万億土の解説 - 学研 四字辞典熟語

現実世界と極楽浄土との間にある無数の仏土(仏の世界)のこと。転じて、これらの仏の世界を経て到達する極楽浄土のこと。
注記
仏教のことばで、「十万億仏土」の略。迷いに満ちた現実世界に対して、多大な数値で仏の悟りの世界を表したもの。
類語
極楽浄土ごくらくじょうど 寂光浄土じゃっこうじょうど

十万億土の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 仏語。この世から極楽へ行くまでの間にあるという無数の仏土。

  1. 転じて、極楽浄土。

出典:青空文庫