年忌追善に際し、初七日から三十三回忌までの13回に配当して供養する仏・菩薩 (ぼさつ) 。南北朝時代に成立した信仰。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉