江戸時代、煤 (すす) 払いをすることになっていた、陰暦12月13日のこと。じゅうさんにち。

「毎年煤払は極月 (ごくげつ) ―に定めて」〈浮・胸算用・一〉