仏語。人間が過去(前世)・現在(現世)・未来(来世)の三界を流転する輪廻 (りんね) のようすを説明した12の因果関係。無明・行 (ぎょう) の過去の二因、識・名色・六処・触・受の現在の五果、愛・取・有の現在の三因、生・老死の未来の二果の称。十二縁門。十二縁起。十二牽連 (けんれん) 。