• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、神仏への灯明代などとして、1年の月数にちなんで包んだ12文の賽銭 (さいせん) 。十二灯。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉