• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

フランスの作家、ジュール=ベルヌの冒険小説「2年間の休暇(Deux ans de vacances)」(1888)を森田思軒が少年向けに日本語訳したもの。訳は英語版からの抄訳。明治29年(1896)、雑誌「少年世界」に「冒険奇談十五少年」の題名で連載したのち改題して出版。ベストセラーとなる。冒険という日本語は本訳で初めて用いられた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉