[名・形動]

  1. 少しも欠けたところがないこと。十分に整っていて、危なげのないこと。また、そのさま。万全。「十全を期して念を入れる」「十全な(の)備え」

  1. 概念または判断が、その表す対象と完全に相応すること。

出典:青空文庫