• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石牟礼道子の小説。不知火 (しらぬい) の海辺に住む男とそれを取り巻く3代の女達を描く。平成4年(1992)刊行。平成5年(1993)、第3回紫式部文学賞受賞。