《動詞「いざよう」の連用形から。上代は「いさよい」》

  1. (十六夜)

    1. 十六夜の月のこと。 秋》「―もまだ更科の郡 (こほり) かな/芭蕉

    2. ㋑陰暦16日。また、その夜。

  1. (猶予)進もうとして進まないこと。ためらい。躊躇 (ちゅうちょ) 。

    1. 「君や来む我や行かむの―に槙 (まき) の板戸もささず寝にけり」〈古今・恋四〉

[補説]曲名別項。→十六夜

歌舞伎舞踊清元。本名題「梅柳中宵月 (うめやなぎなかもよいづき) 」。河竹黙阿弥作詞、清元お葉作曲。安政6年(1859)江戸市村座初演。「小袖曽我薊色縫 (こそでそがあざみのいろぬい) 」の中で、十六夜・清心の道行に用いた。

出典:青空文庫