• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

十年一日の解説 - 学研 四字熟語辞典

長い間たっているにもかかわらず、何も変わっていないこと。同じ状態がずっと続いて、進歩や発展がないさま。また、一つのことを忍耐強く守り続けること。
注記
「十年、一日の如ごとし」として使われる。十年間という長い期間も、同じ日の繰り返しのようだという意味。
類語
旧態依然きゅうたいいぜん

キーワード[同じ]の四字熟語

キーワード[進歩/退歩]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。