1. 10種の徳。また、多くの徳。

  1. 《僧衣の「直綴 (じきとつ) 」の転という》室町時代、下級武士の着た、脇を縫った素襖 (すおう) のこと。江戸時代には腰から下にひだをつけ、医師・儒者・絵師などの礼服となった。紗 (しゃ) などを用い、色は黒に限った。