• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

法華経に説かれる10人の羅刹女。初め、人の精気を奪う鬼女であったが、のちに鬼子母神らとともに仏の説法に接し、法華行者を守る神女となった。藍婆 (らんば) ・毘藍婆 (びらんば) ・曲歯 (こくし) ・華歯 (けし) ・黒歯・多髪・無厭足 (むえんぞく) ・持瓔珞 (じようらく) ・皐諦 (こうたい) ・奪一切衆生精気。十羅刹。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉