1. 数の名。9の次の数。とお。と。そ。

  1. 十番目。第十。

[補説]「拾」は、金銭に関する文書などで間違いを防ぐため、「十」の代わりに特に用いる。