• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千年後までも栄えるめでたいしるしをもっている。

「君が経む―・めてや春くればみ垣の竹の色のことなる」〈新葉・賀〉