千利休の解説 - 小学館 大辞泉

[1522~1591]安土桃山時代の茶人。の人。名は与四郎。宗易 (そうえき) と号す。侘茶 (わびちゃ) の大成者で、千家流の開祖。茶の湯を武野紹鴎 (たけのじょうおう) に学ぶ。草庵風の茶室を完成し、朝鮮の茶碗や日常雑器を茶道具に取り入れ、また楽茶碗の制作・指導などをした。織田信長豊臣秀吉に仕えたが、のち秀吉の命により自刃。

千利休の解説 - SOCKETS人物データベース

文化人
生年月日
1522年
没年月日
1591年4月21日(享年69歳)
別表記
せんりきゅう

出典:青空文庫

出典:gooニュース