• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千古不磨の解説 - 学研 四字熟語辞典

遠い昔からずっと何も変わっていないこと。特に、文化的な伝統や芸術品などに対して用いられる。
注記
「千古」は、遠い昔。また、長い年月。「不磨」は、磨り減ってなくなることがないこと。
類語
永久不変えいきゅうふへん 千古不易せんこふえき 万古不易ばんこふえき 万世不易ばんせいふえき 百世不磨ひゃくせいふま
対義語
一時流行いちじりゅうこう

キーワード[永遠]の四字熟語