1. 千の語句。転じて、多くの言葉。「―を費やしてもなお言い尽くせない」「―一言」

  1. 連歌や俳諧で、百韻を十巻 (とまき) 、すなわち千の句を続けて詠んだもの。千句全般にわたって指し合い・去り嫌いの規定が適用される。→十百韻 (とっぴゃくいん) 

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉