千姿万態の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

さまざまに異なる姿や形のこと。また、さまざまに姿や形を変えること。▽「千」「万」は数の多いことを示す。「姿態」は姿やからだつき、また形・様子のこと。
句例
千姿万態の雲
用例
かごにあふれた花のように、どの車でも、生徒たちは千姿万態のはなやかな動き方をしていた。<石坂洋次郎・若い人>
類語
千状万態せんじょうばんたい 千態万状せんたいばんじょう 千態万様せんたいばんよう

千姿万態の解説 - 学研 四字熟語辞典

さまざまな姿かたち。形や様相が、種々さまざまであること。
用例
それらの間をおもいおもいな趣向にいろどった屋形船が、千姿万態の娘たちをひとりずつすだれの奥にちらつかさせて、銀河きらめく暗夜の下を右に左に縫っていく情景…〈佐々木味津三・右門捕物帖 へび使い小町〉

千姿万態の解説 - 小学館 大辞泉

いろいろの、違った姿や形。「千姿万態の昆虫の世界」

出典:青空文庫

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。