• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「史記」淮陰侯伝から》どんな知者でも、多くの考えのうちには一つぐらいは誤りもあるということ。十分に考えていても、思いがけない失敗があること。

[補説]「浅慮の一失」と書くのは誤り。