• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

愚かな者でも、多くの考えの中には一つぐらいよい考えがあるということ。愚者も千慮に一得あり。