1. 社殿などで、破風の先端が棟上にのびて交差した木。先端が縦削ぎ・横削ぎのもの2種があり、横削ぎのものは氷木 (ひぎ) ともいう。棟上に別に取りつけた置き千木もある。

  1. 草葺 (くさぶ) き民家の大棟に上げてあるX字形の組み木。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

出典:青空文庫