《「ちつか」とも》千たば。多くのたば。せんぞく。

「いろいろ道ならぬ事を書きくどきて―おくりけるに」〈浮・一代男・二〉

出典:青空文庫