• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千年の歳月を過ごすことを坂を越えることにたとえていった語。

「ちはやぶる神やきりけむつくからに―も越えぬべらなり」〈古今・賀〉