《法要の最後にが奏されるところからという》
  1. (「千穐楽」「千穐樂」「千龝樂」とも書く)芝居・相撲などの興行の最後の日。千歳楽。楽日。らく。

[補説]「穐(龝)」は「秋」の異体字。芝居小屋などが火事に通じる「火」を避けて縁起のいい「亀(龜)」を含む「穐」を用いたものといわれる。
  1. 物事の最後。終わり。

雅楽。唐楽盤渉 (ばんしき) 調新楽の小曲。黄鐘 (おうしき) 調の移調曲もある。舞はない。哀調のある曲で、後三条天皇大嘗会 (だいじょうえ) に監物頼吉 (けんもつよりよし) が作ったという。
謡曲「高砂」の終わり、「千秋楽は民を撫 (な) で、万歳楽には命を延ぶ。相生 (あいおい) の松風、颯々 (さつさつ) の声ぞ楽しむ、颯々の声ぞ楽しむ」の部分。婚礼などの席で謡われる。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の言葉]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉