• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千緒万端の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事がごたごたして複雑であることの形容。さまざまな雑多な事柄。▽「千」「万」は数の多いことを示す。「端緒」が千も万もある、ということ。「端」は物事の出発点、「緒」は物事の糸口・取っ掛かりを示す。「緒」は「ちょ」とも読む。
出典
『晋書しんじょ』陶侃伝とうかんでん
用例
人の心の働は千緒万端、朝は夕に異なり、夜は昼に同じからず。今日の君子は明日の小人と為るべし、<福沢諭吉・文明論之概略>
類語
千条万緒せんじょうばんちょ 千緒万縷せんしょばんる 千端万緒せんたんばんちょ 千頭万緒せんとうばんちょ

千緒万端の解説 - 小学館 大辞泉

種々雑多な事柄。

「人の心の働きは―」〈福沢文明論之概略