• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千貫の貸し金に対する抵当が編み笠一つであること。損得の差が大きくて、利益が損失をつぐなえないことのたとえ。