千載一遇の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

滅多に訪れそうもないよい機会。二度と来ないかもしれないほど恵まれた状態。▽「載」は「年」に同じ。「一遇」は一度出会う。「遇」は思いがけず出くわす。千年に一度偶然訪れるくらいの機会という意味。
出典
『文選もんぜん』王褒おうほう「四子講徳論ししこうとくろん
句例
千載一遇のチャンスを逃す
用例
行基ぎょうきの側も同様、すかさず千載一遇の好機を民衆の救いのために利用したのだと解釈している。<杉本苑子・決断のとき>
類語
千載一会せんざいいちえ 千載一合せんざいいちごう 千載一時せんざいいちじ 盲亀浮木もうきふぼく

千載一遇の解説 - 学研 四字辞典熟語

千年間の長い間で、たった一回会えるような好機のこと。絶好のチャンス。
注記
「載」は、年のこと。「千載せんざいに一ひとたび遇う」と読み下す。
表記
「載」は、「歳」とも書く。
出典
『文選もんぜん』王褒おうほう「四子講徳論ししこうとくろん
類語
曇華一現どんげいちげん 盲亀浮木もうきふぼく

千載一遇の解説 - 小学館 大辞泉

《袁宏「三国名臣序賛」から》千年に一度しかめぐりあえないほどまれな機会。「千載一遇の好機」

[人知を越えたものを表す/機会・好機]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース

キーワード[幸運/不運]の四字熟語

キーワード[時期・時機]の四字熟語

出典:青空文庫