• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 半円形の月。半月 (はんげつ) 。

    1. 「末の世を照らしてこそは二月 (きさらぎ) の―は雲がくれけれ」〈続千載・釈教〉

  1. 月半ばの月。満月。特に、中秋の名月。

    1. 「秋の空、余りにたへぬ―」〈謡・雨月

  1. 《表面に半月形の穴があるところから》琵琶 (びわ) 。

    1. 「四つの緒の調べにつけて思ひ出でよ―に我も忘れじ」〈玉葉集・雑五〉