• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

主上が殿上 (てんじょう) の間 (ま) へ出御のとき、侍医などが、許されて臨時に小板敷までのぼったこと。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉