(梵)stūpaの音写。髪の束・頭部の意》

  1. 仏舎利を安置したり、供養・報恩をしたりするための建造物。インド・中国では土石や塼 (せん) を積み、日本では木材を組み合わせてつくる。塔。塔婆。そとうば。

  1. 死者の供養のため、墓石の後ろに立てる細長い板。上方左右に五輪塔の形を表す五つの刻みを入れ、表裏に梵字・経文・戒名・没年月日などを記す。板塔婆。そとうば。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫