ハマウツボ科の一年草。ススキミョウガサトウキビなどの根に寄生する。全体に赤褐色で、茎はほとんど地上に出ず、数枚の鱗片 (りんぺん) 状の葉がつく。秋、高さ15~30センチの花柄を出し、淡紫色の筒状の花を横向きに開く。名は、全体の形がパイプに似ることに由来。おもいぐさ。 秋》