• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南蛮北狄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

昔の中国人が、異民族をさげすんで称した語。▽「蛮」「狄」はともに、異民族に対する蔑称べっしょう。「南蛮」は南方の未開民族のこと。「蛮」は文明を知らぬ民族の意。「北狄」は北方の異民族のこと。「狄」は追い払うべきえびすの意。この二者で広く異民族を代表する。

南蛮北狄の解説 - 学研 四字熟語辞典

中国の周辺に住む、漢民族以外の諸民族のこと。
注記
「蛮」も「狄」も、未開の異民族の意。「南蛮」は、中国の南の異民族。「北狄」は、中国の北の異民族。中国で異民族の蔑称として用いられてきたことば。
用例
都でもこの後のち五百年か、あるいはまた一千年か、とにかくその好みの変る時には、この島の土人の女どころか、南蛮北狄なんばんほくてきの女のように、凄すさまじい顔がはやるかも知れぬ。〈芥川龍之介・俊寛〉
類語
夷蛮戎狄いばんじゅうてき 禽獣夷狄きんじゅういてき 西戎東夷せいじゅうとうい
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。