1. ものの量をはかるための基準として定められた量。ヤード・ポンド・尺・貫・円・ドル・メートル・グラム・アールなど。「―符号」

  1. 物事を数値で表す際に、計算の基になるもの。「億―の金が動く」「―面積当たりの収穫」

  1. 一定の組織を構成している要素。「家族は社会構成の―をなす」「グループ―で行動する」

  1. 高校・大学で、進級・卒業の資格を認定するために用いられる学課履修計算の基準。一般に学習時間により決定される。「―が足りず留年する」

  1. 禅宗で、僧堂での座位。座席の上に名札がはってある。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫