• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

会社が定款により株式の一定数をまとめたものを1単元とし、株主議決権は1単元に1個とする制度。平成13年(2001)商法改正による単位株制度廃止に伴い導入された。端株(1株に満たない端数の株式)制度と並存体制であったが、平成18年(2006)5月会社法施行に伴い端株制度が廃止され、単元株制度に一本化された。