公家男女の装束の下に肌着として用いた裏のない衣。平安末期に小袖肌着を着用するようになると、その上に重ねて着た。地質は主に平絹で、綾の文様は菱 (ひし) 、色は紅・白・青など。