• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

博学審問の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

広く学んで詳しく問いただし、学問の道を究めること。広く学んで知識を広め、細かに詳しく疑問を起こし問うこと。儒教、特に朱子学でいう学問の道程で、学ぶ、問う、思う、弁ずる、行うの「学ぶ、問う」に当たる。▽「博」は広い意。「審問」は詳しく調べて尋ねる意。
出典
『中庸ちゅうよう』二〇章。「博ひろく之これを学び、審つまびらかに之を問い、慎つつしみて之を思い、明らかに之を弁じ、篤あつく之を行う」

[人物像を表す/学識がある]カテゴリの四字熟語