• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 昔、相撲 (すまい) の節会 (せちえ) で、最手 (ほて) に次ぐ2番目の地位。左・右とあり、後世の関脇に相当する。最手脇 (ほてわき) 。

  1. 歌合わせで、最初の1番。

    1. 「左方―の菊は」〈寛平菊合〉

  1. 占い。占いの結果。

    1. 「さて松明 (たいまつ) の―はいかに」〈謡・烏帽子折