• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刀の鞘 (さや) に1.5センチくらいの間隔で横に筋を刻みこむこと。また、その鞘。外見が印籠を重ねた感じに似る。