腰に下げる長円筒形の三重ないし五重の小箱。室町時代に印・印肉を入れていた容器で、江戸時代には薬を入れるようになった。表面に漆を塗り、蒔絵 (まきえ) 螺鈿 (らでん) 堆朱 (ついしゅ) などの細工を施し、緒には緒締め根付がある。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉